忍者ブログ
2007年4月1日設立。所属アーティストの情報公開
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Reflections on the 2007 Japanese tour

Having not played a full band concert in Japan for 13 years, I did not know fully what to expect. I knew it was a new start and a new band but I was to be playing music I loved and believed in so that was most important. I also knew that GPS had to grow as band and this was our first but important venture into Japan.

We are a very passionate band and very pleased to be asked to play in Japan.
The first show in Osaka was at a small but friendly club called "CLAPPER". In fact this was Ryo's home town and our warm up concert. The crowd were very responsive and although it was a small club stage, it was great fun for us.

On the train ride back to Tokyo, we dissected the concert and decided the order of songs for the Tokyo concert. We liked the venue. However a couple of songs into the set, my bass amp packed up! I had to stop the band mid songs, something I had never done in 25 years on stage! I turned to Guthrie and Ryo and they started playing jazz and even the "Girl from Ipanema" and saved the day. Sadly later in the set I had to stop again due to my bass head being hit and changing my tuning.

This all sounds like a disaster, but amazingly it wasn't. ① it gave the crowd another 10 minutes addition to the set and ② it showed the depth of the guys I am honoured to play with.
As a band we had a great time, it was a great pleasure to play here again. I don't think I have ever played with better musicians and it is superb to be singing in a band where I am the original singer!

To Japanese Fans

On behalf of Jay, Guthrie and Ryo and myself, would like to thank all the people that came to our concerts. During technical problems, I have never know a crowd support the band so well with the enthusiasm for the "GPS JAZZ TRIO" section.

Also I would ask listeners of Rock/Prog Rock/Jazz Rock and Heavy metal to lend GPS an ear because they might find something they like. We love music profoundly and perhaps we can generate some emotion in you. This is our existence, our reason and our life.

Thank you for everything. See you soon.

John Payne

PR
ジョン・ペインからの日本のファンへのメッセージです



日本公演を振り返って

日本で行う13年ぶりのバンドとしてのコンサートを前に、私は、今回のツアーに、いったい何を期待してよいのか分からなかった。わかっていたことは、これはGPSという新しいバンドの新たなるスタートだと言うことだ。私は、日本の皆の前で、自分の愛し、信じている音楽を、精一杯プレイしようと思ったし、それこそが自分達にとって最も重要なことだと感じていた。日本ツアー、それはバンドにとっても初めての、そして重要な試練であったし、これを機にバンドとして成長しなくてはいけないと感じてた。

私たちは音楽への情熱と愛情に溢れたバンドだったし、だから日本でプレイしてくれと頼まれてとても嬉しかった。大阪での最初のショウはCLAPPERという小さいけれど、とてもフレンドリーなクラブだった。大阪はリョウのホーム・タウンで、これはまさにウォーム・アップ・コンサートだった。ステージも小さかったけど、観客はとても暖かく、とにかくフレンドリーなムードいっぱいで、私たちもショウをとても楽しむことができた。

東京に戻る途中、私たちは昨晩のライブを皆で振り返ってみて、東京のコンサートのために若干、曲順を変更することにした。東京の会場は素晴らしかった。しかし、セットが数曲進んだ時、私のベース・アンプが突然、動かなくなってしまった!私は曲の途中で演奏をストップしなくてはならなかった。実際、こういったことは25年ライブをやっていて初めての経験だった。私は、ガスリーとリョウに場繋ぎで即興演奏を頼んだところ、彼らはジャズ・ナンバーや「イパネマの娘」を演奏し、その場を救ってくれた。しかし、不幸にもセットの後半で、私は再び、ベース・ヘッドをヒットしてしまい、チューニングをしなければならないトラブルに見舞われた。

これは酷いことになってしまったように聞えるだろう、ところが驚くことにそうならなかったんだ。①このトラブルが観客に10分間の別セットをプレゼントすることになり ②結果として、これがまた私が誇りに思っているプレイヤー達の技量の素晴らしさを皆に見てもらう良い機会を与えることになった。

バンドは素晴らしいときを経験することができたし、私は日本で再びプレイできたのは本当に嬉しかった。僕は未だかつて彼ら以上に優れたミュージシャンと演奏できたことはないと思う。僕自身がオリジナル・シンガーであるバンドで歌ってるってのは本当に素晴らしいことだと感じる。

日本のファンの皆様へ

私は、ジェイ、ガスリー、リョウを代表し、コンサートに来てくれたたくさんの人たちに御礼を言いたいと思う。テクニカルの問題が発生してる間、皆は、あの「GPS JAZZ TRIO」のセクションを熱狂を持って受け入れてくれ、そして暖かくバンドをサポートしてくれようとした。あれほど素晴らしい観客に自分はかつて会ったことはない。

もうひとつ皆にお願いがある。ロック、プログ・ロック、ジャズ・ロック、ヘヴィ・メタルのリスナーの皆にだ。ぜひ、GPSを耳にするチャンスをもってほしい。その音楽から、きっと皆の好きな何かを感じることができると思う。私たちは音楽を心から愛しているし、おそらく私たちは、皆を感動させられるなにかをクリエイトできると思う。これこそが私たちの存在の意味・理由であり、そして自分達の人生でやらなければならないことだと感じる。

本当にありがとう。また会いましょう。

ジョン・ペイン

Picture from Osaka live show on 10.13. (Venue: Clapper)



Set List

1. The Objector
2. All My Life
3. Since You've Been Gone
4. Silent Nation
5. Heaven Can Wait
6. Window To The Soul
7. Taken Dreams
8. Keyboard Solo
9. Military Man (Acoustic)
10. The Logest Night(Acoustic)
11. Gold (Acoustic)
12. Written On The Wind (Acoustic)
13. Long Way From Home
14. Drum Solo
15. Only Time Will Tell
16. Heat Of The Moment
17. Encore : New Jerusalem
Picture from Osaka live show on 10.13. (Venue: Clapper)

Picture from Tokyo live show on 10.14. (Venue: Shibuya O-WEST)



Set list

1. The Objector
2. All My Life
3. Blue Bossa (Ryo, Guthrie, Jay)
4. The Girl from Ipanema (Ryo, Guthrie, Jay)
5. Since You've Been Gone
6. Heaven Can Wait
7. Window To The Soul
8. Taken Dreams
9. Keyboard Solo
10. Military Man (Acoustic)
11. Gold (Acoustic)
12. Written On The Wind (Acoustic)
13. Silent Nation
14. Long Way From Home
15. Drum Solo
16. Only Time Will Tell
17. Guitar Solo
18. Heat Of The Moment

19. Encore : New Jerusalem


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索